alluxe
alluxe

alluxe

JADEのジュエリーは、山梨県のアトリエにて職人の手により 一点一点手作業でつくられています。
型づくりから最後の仕上げまで、すべての工程をひとつのアトリエ内で完結されることで安定した高いクオリティが実現できております。

たとえば原型(はじめにつくるもとの型)をつくるにもさまざまな工程があり、デザイナーの指示を完璧に反映し歪みのない均整な型を生み出す“原型の職人”がいます。

この型の出来によって“デザインの美しさ”はもちろん、つけ心地、留めの仕上がり、磨きの仕上がり等すべてに関係する最も重要な作業の一つになります。
監督の厳しいチェックの元、歪みのない、美しい完璧な型が作られていきます。

alluxe

alluxe

「職人」と聞くと何十年もの経験を積んだ“熟練のご年配の方”をイメージされるのではないでしょうか。
けれども意外なことに、JADEで活躍しているのは20代、30代を中心とした若き精鋭。

高い集中力に技術力、正確さを兼ね備えてはじめて作業を行うことを許されます。
そして、経験を積み重ねた職人たちは“監督”として、品質管理と育成にあたり、世代交代を繰り返しています。

alluxe

alluxe

JADEのアトリエの製造スタッフは若き精鋭達です。
若くとも経験・技・感性どれをとっても熟練の職人さんには引けとりません。
まさに若さみなぎるプロの集団です。

そのスタッフがひとつひとつ心をこめて丁寧に、お客様に喜んでいただける 作品を作り上げております。

作者の平子理沙のイメージをそのままに
製造スタッフは研ぎ澄まされた感性で、妥協なく作者の納得する作品を作り上げられるように日々努力を積み重ねております。

JADEのすべての作品は心がこもった完成度の高いもの。
是非手にとって完成度の高さを実感していただければありがたく思います。

JADEアトリエ 総責任者 高山 淳